ECOPAY(エコペイ)の評判は?口コミが詐欺で怪しいって本当?使い方も検証!

売りたい物の写真を送って即日現金化してもらえるサービス「ECOPAY(エコペイ)」をご存じですか?

類似サービスはいくつかありますが、実際の評判や口コミ、使い方について疑問に思っている人もいるようです。入金スピードが早いので「詐欺的なサービスではないの?」と不安に感じてしまうかもしれません。

今回は、写真を送るだけで査定してもらえる「ピクチャーキャッシュ」が特徴的なECOPAY(エコペイ)について、以下のトピックをご紹介します。

・ECOPAY(エコペイ)の評価や悪評・口コミについて
・ECOPAY(エコペイ)が詐欺的なサービスなのか?
・ECOPAY(エコペイ)のピクチャーキャッシュはどんなサービスなのか?

この記事を読めば、ECOPAY(エコペイ)の使い方から内容まで簡単にわかるようになっています。ぜひ読んでみてくださいね。

ECOPAY(エコペイ)の評判・評価・悪評は?

評判を投稿している人はまだいない

ECOPAY(エコペイ)の評判・評価をインターネット、SNSで探してみましたが、悪評かどうかに関わらず、まだほとんど情報がありませんでした。新しいサービスなので使った人も少なく、評価をしている人も少ないようですね。

不要なものを買い取って現金化してくれるECOPAY(エコペイ)のようなサービスは、システム自体は昔からあるものなので、サービスの質や買取金額、使いやすさで評価が変わってくるでしょう。

サービス内容を独自に評価

ECOPAY(エコペイ)の実際のサービス内容は、売りたいものの写真を撮影して査定金額を出してもらい、その後7日以内に商品を送るだけ。iPhoneやプレイスーテション、任天堂Switchなど、人気の商品なら高額で買い取ってもらえます。

類似のサービスだと、実際に商品がサービス提供側に到着して、商品のチェックが終わってからでないと入金されないという不便さがありました。

一方でECOPAY(エコペイ)は、数分間だけ査定が終わるのを待ちさえすれば、すぐに現金化して入金してもらえるスピード感が魅力的。できるだけ早く現金がほしい、支払いが間近に迫っている人にはうってつけのサービスと言えるでしょう。

公式ウェブサイトには「相見積もりも大歓迎、とにかく金額を知りたいという方は一度お見積り相談ください。スピード対応で価格提示いたします。」と記載されており、迅速に対応できることをアピールしていることからも、同業他社との差別化を図っていることがわかります。

一方で、即時買取をしたあとで、24時間以内にキャンセルする時には事務手数料1000円が必要になる点は注意してください。せっかく入金が決まっても、「やっぱり売りたくない」と感じてキャンセルしたら、1000円の費用が発生してしまいます。

この点は、TSUTAYA(ツタヤ)などの大手買取サービスと比較すると、柔軟に対応してくれると言えるでしょう。ツタヤでは、一度iPhoneなどの買取が成立すると、キャンセルや商品の返却はしてもらえません。

そのため、1000円の事務手数料で買取をキャンセルできるECOPAY(エコペイ)は、ユーザーに優しいと言えます。実際にECOPAY(エコペイ)を利用するときは、売りたい商品を売ってもいいのか、再確認することをおすすめします。

またツタヤでは、たとえばiPhoneを買取に出す時に、初期化してSIMカードを抜き、ケースや保護フィルムを外して、iCloudをサインアウトするなど、売る側がやらないといけない作業がいくつかあります。

このような手間がないのも、ECOPAY(エコペイ)のメリットですね。

ECOPAY(エコペイ)が口コミで詐欺で怪しい?失敗した人がいる?

詐欺的で怪しいウワサを検証してみた

ECOPAY(エコペイ)が「詐欺」「怪しい」という口コミを探してみましたが、こちらも見つけることはできませんでした。

ECOPAY(エコペイ)が詐欺的ではない、正規のサービスであることの証明としては、東京都公安委員会が発行した、古物商許可証が公式ウェブサイトに記載されていることからもわかります。

中古品の売買・やりとりを行うには、古物商許可を取得するために、営業所の最寄りの警察署に許可申請をしなければいけません。許可申請には19,000円の審査料が必要で、30~40日ほどの審査期間を経て、ようやく許可が下ります。

もし古物商許可なしで営業した場合、古物営業法違反として、3年以下の懲役または100万円以下の罰金を科される場合があり、許可を持たずに営業を行うのはリスクしかありません。

そのため、正式な許可を得て運営しているECOPAY(エコペイ)は正規のサービスと考えてまず間違いないでしょう。

また運営している会社の情報もECOPAY(エコペイ)は公式ウェブサイトで公開しています。

もしECOPAY(エコペイ)が詐欺的なサービスで、買取した商品代金を渡さないようなサービスであれば、運営元の情報を明かさない可能性が高いです。もし載せていたとしても、でたらめだったり、まったく関係のない会社の住所を記載したりしている場合もあります。

たとえばネットショップの詐欺被害の事例に、実際のECサイトをそっくりコピーして、あたかも本当のサイトのように表示させて、金品をだまし取るケースもありました。中国の詐欺グループが運営している場合があるようです。

公式ウェブサイトを見ると、販売者名だけでなく運営統括責任者・所在地・連絡先もしっかり公開されています。

失敗した声も確認できず

ECOPAY(エコペイ)を「せっかく利用したのに失敗してしまった」という声もありませんでしたね。

ECOPAY(エコペイ)に限らず、現金化サービスに関する使った体験談は5ch(旧2ちゃんねる)などで確認できることが多いのですが、こちらでも見つけられませんでした。

失敗した人自体がいないのかもしれませんが、まだ登場したばかりのサービスだということも大きいかもしれません。

今後確認できる口コミについても、引き続き調査し、確認でき次第追記させていただきます。

ECOPAY(エコペイ)の買取料金は?

ECOPAY(エコペイ)での買取料金が公式ウェブサイトで公開されていたので、一部をご紹介します。

・任天堂Switch 30,000円~
・iPhone11 60,000円~
・PlayStation5 80,000円~

他の買取サイトの価格と比較して、ECOPAY(エコペイ)の金額が適正かどうか確かめてみましょう。

【任天堂Switch】 ※2021年8月30日時点
・買取wiki 32,000円~
・ゲオ買取 22,000円~
・じゃんばら 22,000円~
・買取コレクター 24,000円~
・ブックオフ 26,000円~
・駿河屋 28,000円~
・ネットオフ 31,000円~
・magi買取事務局 34,000円~

【iPhone11】 ※2021年8月30日時点
・秋葉原の有名店イオシス 中古買取価格49,000円~38,000円
・楽天買取  24,480円~44,880円
・ヤマダ電機 58,000円~
・TSUTAYA 42,000円~

【PlayStation5】※2021年8月30日時点
・モノカネ 55,000円~
・ブックオフ 49,000円~
・ゲオ 48,000円~
・ソフマップ 40000円~
・古本市場 48,000円~
・駿河屋 67,000円~
・ルデヤ 52,000円~
・じゃんぱら 40,000円~

商品によって差はありますが、ECOPAY(エコペイ)での買取価格も大手買取サイトと比較しても安くないですし、高額で買い取ってもらえることがわかりますね。

ECOPAY(エコペイ)は信頼できる買取サイトですが、大手ではない他の店舗で、異常に高額な金額を提示しているサイトがあれば注意してください。

確かに高額での買取は、売る側からすれば嬉しいので飛びついてしまう人も少ないようです。ただ、詐欺的なサイトだとそんな心理を逆に利用して、新品の金額を提示しておき、高額買取のように見せかけているケースもあります。

ECOPAY(エコペイ)はこの点、高くても数千円ほどなのでユーザーを騙す意図はないと言えるでしょう。

また高額買取をうたっているサイトでも、宅配買取に出してから「一部画面が割れていたので金額が下がります」「いただいたiPhoneの状態だと買取ができないので処分してもよいでしょうか」といったメッセージを返されることもあり、注意しないといけません。

この点、ECOPAY(エコペイ)は売りたい商品の写真を送って事前に入金がしてもらえますし、確認してから商品を送るまで時間の猶予があるので、心配はいりません。

他の買取サイトと比較して、査定額が提示されるまではわずか数分、少し高い金額で買い取ってもらえる、即日入金も可能と、ECOPAY(エコペイ)にはメリットが非常に多いことがわかります。

ECOPAY(エコペイ)のピクチャーキャッシュの使い方を検証

他のサービスにはない、ECOPAY(エコペイ)の買取システム「ピクチャーキャッシュ」の使い方について、紹介していきます。

写真を撮影して送るだけで査定金額を出してもらえる、非常に使い勝手のよいサービスなので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

①買い取ってもらいたい商品を用意

現金化してほしい商品を用意します。どんなものでも売れる可能性があり、商品の種類は限定されていないので、試してみるだけでも十分。

公式サイトで金額が明記されているのは、任天堂Switch、iPhone11、PlayStation5などの電子機器が多いので、同じジャンルだと高く売れる可能性があります。

写真を撮影する

買い取ってほしい商品の写真を用意しましょう。正確に査定してもらうために、商品の状態がよくわかるように全体を映した方がいいですね。

お申込みフォームに必要事項を記入して送る

ECOPAY(エコペイ)の公式ウェブサイトの、お申し込みフォームに必要事項を記入しましょう。

以下の内容の記入が求められます。

買取方法(ピクチャーキャッシュ・郵送買取)、お名前、性別、婚姻状況、ご住所、住居状況、毎月の家賃・ローン金額、携帯番号、メールアドレス、勤務先本社名、勤務先本社名、月額給与金額、給料日、賞与の有無、給料日が休日の場合の振込日時、健康保険加入状況、勤務先の従業員数、雇用形態、勤続年数、職場の休日

以上を入力したら、「確認しました」にチェックを入れて送信します。

無事に情報がECOPAY(エコペイ)に届いたら、送った物の査定額が送られてくるので、フォームに従って入金を進めて配送手続きをするか、キャンセルするか決めてください。

実際に査定額が提示されるまではわずか数分なので、現金ができるだけ早く欲しい人には嬉しいサービスですね。

売却のキャンセルができるのは、買取成立後24時間以内(土曜日・祝日前日に契約した時は翌営業日15日まで)は可能なので、査定金額が不服なら断ることもできます。思い入れのある物の金額がイマイチなら、売りたくないのは当然ですしね。

キャンセル料として事務手数料1,000円がかかってしまうので、気をつけてください。売却する物が1,000円を超えない可能性は少ないかと思いますが、もし査定金額が1000円以下なら赤字になる可能性もあります。

配送期限は締結後の7日以内に設定されています。期限内に送れば、再びECOPAY(エコペイ)を利用できるので、売りたい物があればまた査定してもらってください。

まとめ

今回は、ECOPAY(エコペイ)の評判・悪評についてリサーチし、詐欺で怪しいウワサや、即日入金が可能な新しい買取サービス「ピクチャーキャッシュ」の使い方について紹介しました。

サービスが始まったばかりの新しいサービスなので、口コミや評判がほとんど確認できませんでしたが、サービス内容を調べると古物商許可も受けている正規の会社なので、安心して利用できるのは間違いありません。

初めて使う場合でも、不安を感じる必要はないので、ぜひECOPAY(エコペイ)を試してみてくださいね。

ECOPAY(エコペイ)のサービス内容を、もう一度まとめてみます。

◎ECOPAY(エコペイ)の評判・評価
・評価、口コミはウェブサイト・SNSなどではほとんど確認できず
・独自に調査した結果、類似のサービスと比較すると入金までがスピーディー
・キャンセル料がたった1000円なので試しやすい

◎ECOPAY(エコペイ)が詐欺的なサービスかどうか
・古物商許可を受けている正規のサービス
・運営会社はWEB系の事業を展開しており、信頼できる
・会社の情報も公開されているので真っ当に運営している
・失敗した人の声もない
・口コミ自体が少ないので今後の動向を見守る必要はあるかも

◎ECOPAY(エコペイ)の買取料金
・大手買取サービスと比較すると高くても数千円ほど
・「高価買取」を不当にうたっているわけではないので信頼度は高い
・即日入金が可能なので早く入金してほしい人におすすめ

◎ECOPAY(エコペイ)の使い方
・ピクチャーキャッシュ」が特徴的
・売りたい物の写真を撮って送るだけで査定してもらえる
・公式ウェブサイトの申し込みフォームに従って入力するだけでOK
・査定金額が納得できないときは24時間以内なら解約できる
・キャンセル料は0円(事務手数料が1,000円かかる)

ECOPAY(エコペイ)はできるだけ早く現金が欲しい人にピッタリのサービスです。ECOPAY(エコペイ)は使おうか迷っている人は、この記事の内容を参考にして、ぜひ使ってみてくださいね。